<!DOCTYPE LNLY>

ノールック寿司グリップ🍣

2018年3月13日(火)のツイート読み直し。怪しい言葉、品川、シーザー。

 

専門用語は通っぽくて、厨二なんでそういうのに反応する。意味がわからなくても言いたくなる。エラスティックサーチとかね。チェリーピックとか。漢字もあるよね。等価演算とか。略語を戻したりするのもいい。全地球測位システムとか。GPSね。

同僚氏にこの読み直しを見られてた。

PRとかチケットとかってメタデータやコンテキストを詰め込むほど価値が上がって、結果的に設計や実装の出来に関わると思ってる。作業が終わって雑にレビュアーにぶん投げるより、作業前から空コミット入れてPR作って「どういう作業をするよ」「こんな手順でやるつもりです」「こうやって作ろうと思ってる。なぜなら...」とかすると詳しく(手を動かす前に書いていくと)脳内でコードベースの細部に思いを馳せるし、手なりではうっかり流しそうなことに気づいたりする。いつもじゃないけど。

怪しい言葉だと思ってる。そう思っていながら、結構そっと置かれてる感あると思ってる言葉「UI/UX」

リモートワークじゃないから、本当に急用ならデスクに来るだろうと思って、集中したいときはチャット切ってる。

最初に思った方法で組み上げてって、後で問題が分かってほとんど振り出しに戻らなきゃ行けなくなった時、小さく分割してたり、分割しやすいようにコード書けてたとき、この振り出しも結構楽しい。そんなうまくいくことあまりないけど、だからプレミア感もあるし。

オーバーサイズのパーカーとキャップの感じの人がいた。ユーザロックみたいだった。

環境変数の呪文が効かない同僚氏が、「こういう時はあらゆるところで唱えればいいんですよ!」とかいって同じ呪文めっちゃ打ってた。

品川駅は港区にあって、目黒駅は品川区にあって、北品川駅は品川駅の南にあるんだって。

崩壊って、ほどでもない。

Vue.jsの算出プロパティ「まさかそんなうまくは行きませんよねー」みたいなのがさらっとうまくいく。こういうのシビれるし、いつかそんなコードを自分も書けたらいいなっていつも思う。

できてはいなかったんだけど、光明が差したかに見えた。「できたー!」と「ダメだー!」の両方とも楽しくて、これを無限に味わえるからプログラマはいい仕事。

できてはいなかったんだけどね。

DISられてはないらしい。「頭のいい人の設計」は好きじゃないんだって。

シーザーを理解するのにシーザーになる必要はないそうだ

そいつはもっともだ。世界は偉人たちの水準で生きるわけにはいかないからな

イノセンス観たい。そんな感じ。

あとこれの話した。